小澤公平我が人生に悔いなし

父母の足跡をたどる

Posts Tagged ‘小沢

母弥生、父を偲ぶ詩

leave a comment »

母は、昭和41年に亡くなった父をこよなく愛していました。父を偲ぶ俳句です。

父母37花ぼたん 散りて悲しき 妻一人

(葬式の日に新国劇から送られた立派なぼたんの花輪・・・不二夫逝く、昭和四十一年五月十五日)

日暮れ前 柿若葉見つ 十三年

(いつの間にか不二夫さんの十三回忌になってしまった。柿の若葉がゆれて、きれいな緑色をしている・・・・・昭和五十四年五月十五日)

菜の花や 振り返れば 蝶がまふ      一っぺい湖にて

1987年4月・・・弥生

(有美ちゃん夢生夫婦と散歩に出て、やっぱり私は一人、蝶までが双つ追いつ追われつ舞っている。伊豆にて)

 

とき色の つつじを持ちて 墓まいり

死神が たったら枕 変えてよと 唇ふるえ 寂しまなざし

病みほうけ 気の弱くなりし 彼の人の うなじをそりて 涙落とさぬ

花は咲き 鳥は歌いし 五月なり 彼の人ゆきて 二十余年も

人の世の 悲しき掟(さだめ) 知りながら 命日めぐる 墓地の夕暮れ

以上は1988年 5月15日に記したものです。

 

Written by 小澤公平

2013年1月4日 at 5:49 PM